太陽電池LEDの懐中電灯修復

 昨今話題のLEDに太陽電池を結合した懐中電灯が格安で売られています。
 しかし毎日窓際に置きっぱなしにしていたら壊れてしまいました。
 いろいろ調べると多くの場合、蓄電池部分が過充電で壊れる場合が大半とあります。
 それでは蓄電池部分を交換すればよいのですけど、元々タダで手に入れたもの、¥¥¥をかけるのは気が進みません。
 思えばなぜか手元にある携帯電話用のリチウムイオン電池。調べると電圧も少し高いだけ。
 それなら駄目もとで使ってみよう、と蓄電池部分を交換してみました。
 しかし、どうにも大きさの観点で中に入りません(幼稚園児でも分かります)。
 やむなく、外出しにしてノリで貼りました。

 使ってみて・・
   @とっても明るい!!
   A蓄電容量も(たぶん)大きくなっている!!。
   B電池電圧の確認が容易(端子が剥き出しだからね)
 デメリットとして規格外の過電圧状態で点灯していることです。
 メーカーは製品として発売することは出来ないシロモノとなります。(電池のメーカーは見ない事にしてください?!)
 非常時にLEDが昇天するかも知れないことになります(おィ)。
 一応写真などを

LED-11 LED-12

 この黄色いモノは2個作りました。ほかに同じ乗りで2個作成した別バリエーションがありますが、外目にはインパクトが無いものなので省略します
 なお、実際にノリでは接着できるものではありません。ビニール素材用のボンドを使っており強力です。  剥がすことは不可能です。
inserted by FC2 system